健康サプリメント美容サプリメントと健康グッズで悩み改善

健康サプリメント美容サプリメントと美容健康グッズ

人気有名メーカーのサプリメントと美容健康グッズを紹介。

ビタミンDは人類を救う救世主

  本記事は斎藤糧三著「病気を遠ざける1日1回日光浴」日本人の知らないビタミンDの実力によります。

Ⅰ.ランチタイムの日光浴で、あなたの寿命は延ばせる

1-1 現代人の過半数はビタミンD欠乏

 多くの人が現在、がん、心臓病、脳卒中、認知症、花粉症、アトピー性皮膚炎といった慢性疾患に悩んでいます。 がん、心臓病、脳卒中は日本人の3大死因であり、65歳以上の高齢者のおよそ15%が認知症とされています。  これらの慢性疾患の背景に、これまで長らく見逃されてきた。ビタミンDの不足”があります。日本を始めとする先進諸国では、過半数に近い人はビタミンDが足りない状態であ り、それが慢性疾患の一因と考えられています。

 日本では医師や研究者でもビタミンDに目を向ける人は少数派ですが、ビタミンDは世界的にいちばんホットなビタミン。
アメリカでもっとも頻繁に行われる特殊な血液検査(「血糖値」など、一般的な検査では調べない項目の検査)は、ビタミンDの血中濃度の測定です。さらに、単体のビタミンサプ リメントで最高の売上を記録しているのもビタミンDなのです。

1-2 慢性疾患の原因はビタミンD不足

日本では医師や研究者でもビタミンDに目を向ける人は少数派ですが、ビタミンDは世界的にいちばんホットなビタミン。
アメリカで単体のビタミンサプリメントで最高の売上を記録しているのもビタミンDです。現在では、次のような疾患に、ビタミンDの不足が何らかのかたちで関わり、ビタミンDの充足で改善できる可能性が指摘されています。

    ビタミンD欠乏が関連していると考えられる疾患
  1. がん(大腸がん、肺がん、乳がん、前立腺がんなど)
  2. 動脈硬化性疾患(心臓病、脳卒中など)
  3. 認知症(アルツハイマー型認知症など)
  4. 高血圧
  5. 2型糖尿病
  6. アレルギー疾患(花粉症、アトピー性皮膚炎、遅延性フードアレルギーなど)
  7. 自己免疫疾患(関節リウマチ、多発性硬化症、炎症性腸疾患、I型糖尿病など)
  8. 感染症(かぜ、インフルエンザなど)
  9. 精神障害(うつ病、季節性うつ、自閉症、統合失調症など)

ビタミンDの効果効能の詳しい情報はこちらへ

ビタミンDはiHerb(アイハーブ)で。ユーザー数は世界で約3400万人

日焼け止めUVケア・グッズ

もっと「夏・UVケア-グッズ」を見る


日焼け止めUVケアスプレー

もっと「夏・UVケア-スプレー」を見る


ロフトオリジナル 晴雨兼用傘

ページのトップへ

FANCLの臨床試験済み機能性表示食品

日本初!高めの尿酸値を下げる機能性表示食品

◆尿酸サポート 120粒入り(30日分)


尿酸に対する機能を臨床試験で確認した初めての機能性表示食品。尿酸値が高めの人に

BMIが高めの方、肥満気味の方の機能性表示食品!

◆内脂サポート (約30日分)


腸内環境を整え、脂肪の代謝機能にアプローチして体重や体脂肪を減らします。ファンケル独自開発

睡眠を促す「L-セリン」を配合した機能性表示食品

◆快眠サポート (約30日分)


毎日安心して続けられるアミノ酸の一種「L-セリン」配合のパウダータイプ機能性表示食品

ピント調整機能と肩・首筋を和らげる機能性表示食品

◆えんきん (約30日分)


手元の文字が見えづらい、ピントが合いづらいなどの、大人の目に。複合配合の「えんきん」

もっと「日本初!高めの尿酸値を下げる機能性表示食品」を見る